151008%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・第2P、得点を決め喜ぶ第2セットの選手たち>

 10月8日、滋賀県立アイスアリーナにて第62回関西学生アイスホッケーリーグ戦第5戦が行われ、関学は同大に4-6で敗北した。
第1P(ピリオド)、4失点を喫し、追い込まれた関学。しかし第2P、FW千徳(経4)がチーム初得点を決めると、FW永井(文3)を始めとした第2セットで3点を奪った。一時は同点に追いつくが、同大が食い下がり、関学はリーグ2敗目を喫した。
 次戦は10月13日、関大アイスアリーナにてリーグ戦第6戦(対立命大)が行われる。

  1P 2P 3P
関学 0(8) 3(17) 1(13) 4(35)
同大 4(15) 0(11) 2(13) 6(39)
(カッコ内)はシュート数


試合後のコメント
主将DF吉澤雄大(社4)「練習前のアップの時から気持ちが入っていないと感じていた。第2Pからは修正できたが、最後は同じ気の緩みで負けてしまった。技術以上に、準備ができていなかったのが敗因。得点能力は例年以上だが、守りがまだまだ。来週からはいよいよ2巡目となる。毎年、ここで調子を落としてしまうので、自分たちの代で払しょくしたい」

このページの先頭へ