160515%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8.jpg

<写真・2得点目を決めた清水>

5月15日、関西大学にて第8回関西カップ予選リーグ第4戦が行われた。関学は龍大と対戦し15-2で勝利を収めた。
立ち上がりこそ悪く、先制点を許した。だが、FW森井(商2)がその2分後、試合を振り出しに戻した。そのまま関学ペースで試合は進んだ。第2P(ピリオド)で再び失点を喫するも、得点を伸ばし15-2で龍大を下した。
次戦は5月22日、関西大学アイスアリーナにて予選リーグ最終戦(対関大)が行われる。


  1P 2P 3P
関学 7(18) 5(30) 3(24) 15(72)
龍大 1(7) 1(9) 0(3) 2(15)
(カッコ内)はシュート数

試合後のコメント
主将FW永井亨樹(文4)「立ち上がりが悪く、失点を許したことはよくない。前回課題として挙げた、立ち上がりを克服できていなかった。次戦では序盤から集中力を高め、今の自分たちの実力がどれだけ関大に通用するのか見たい」
勝ち越し点を決めたDF清水亮(経2)「素直に得点が入った時はうれしかった。だが、昨年の方がいいプレーをできていたため、きょうのプレーはまだまだ。早く昨年の動きを取り戻していいプレーをしていきたい」

このページの先頭へ