%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A820160605%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8.jpg

<今試合で2得点を挙げた森井>

 6月5日、関西大学アイスアリーナにて第8回関西カップ3位決定戦が行われた。関学は同大に3-6で敗北し、今大会を4位で終えた。
 立ち上がりは悪く、第1P(ピリオド)開始約20秒で先制点を許す。流れに乗り切れなかった関学はその後も失点を許してしまい4点ビハインドで第1Pを終えた。第2PではエースFW森井(商2)と主将FW永井(文4)が得点を挙げ、同大に一歩近づく。第3Pでさらに森井が追加点を挙げるも同大に追いつくことができず、黒星を喫した。
 次戦は6月7日、関西大学アイスアリーナにて21:30より、関西選手権大会が開幕。関学は第1戦で大市大と対戦する。

  1P 2P 3P
関学 0(14) 2(6) 1(7) 3(27)
同大 4(25) 0(22) 2(11) 6(58)
(カッコ内)はシュート数

試合後のコメント
主将永井亨樹「昨年まで試合に出場できていなかったメンバーがこの春から出ることになり、最初はプレーをうまくできていない人もいたが、8戦を通して成長したと思う。だが、試合に出場できて満足している選手もいるため、そこで満足しないよう、秋に向けて頑張っていきたい」
今試合2得点を決めた森井恵斗「関関同立の試合で1勝もできなかったことが悔しい。正直第1Pで4点を決められ精神的にも辛い部分もあったが、得点を決めることができて良かった。明後日から開幕する関西選手権大会ではフォワードで点を取って、ディフェンスではしっかり守り、全員で勝ちます」

このページの先頭へ