20170511%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・ゴールを決め、喜ぶ立藤>

 5月9日、関西大学高槻アイスアリーナにて第9回関西CUP予選リーグ第2戦が行われた。関学は3-1で京産大に勝利し、今大会初勝利となった。
 第1ピリオド(P)格下京産大に先制点を決められた関学。リードを奪われたまま第1P終了になるかと思われたが、残り9分にFW森井(商3)が同点弾を決め1-1で第2Pへ。徐々に相手敵陣に攻め込み第2P残り3分、DF森下(総3)がリードを奪う貴重な1点を決め、2-1とした。その後、第3PにはDF立藤(国4)が追加点を決め、3-1で今大会初白星となった。
 次戦は5月13日に関西大学高槻アイスアリーナにて立命大と対戦する。

試合後のコメント
打田航介主将(社4)「関関戦からうまく気持ちを切り替えできずに試合に臨んだ選手が多かった。そこが先制点を奪われた原因。ピリオドを重ねるうちにしっかりシュートを打てるようになり勝てた。今日の試合はみんな不甲斐ないと思っていると思う。自分がまず姿勢を見せて、切り替えて臨む」

このページの先頭へ