20170528%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・逆転弾を決め、喜ぶ選手たち>

 5月23日、関西大学高槻アイスアリーナにて第9回関西CUPプレーオフが行われ、関学は京産大と対戦。4-2で勝利を収めた。
 第1ピリオド(P)開始直後から攻撃を仕掛ける関学。しかし、京産大の守備に阻まれなかなか先制点を奪えない。苦しい展開の中、残り3分にFW古田(総1)がゴールを決め1-0で第2Pへ。第2P開始3分、関学は追加点を奪い一時はリードするも7分にゴールを許し試合は振り出しに。迎えた第3P、DF清水(経3)、FW三小田(教2)、古田がゴールを決め、4-2で準決勝出場を決めた。
 次戦は関西大学高槻アイスアリーナで関大と対戦する。

試合後のコメント
打田航介主将(社4)「きょうは流れを切るプレーが出てしまっていたが、古田のゴールで流れに乗れることができた。成長を感じ、見習わないといけないなと思った。この前の関大戦は無得点。点を取れるように、第3Pになっても走りきれるように集中して臨みたい」

このページの先頭へ