20170602%20%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%9B%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg

<写真・試合後、円陣を組む選手たち>
 6月1日、関西大学高槻アイスアリーナにて第9回関西CUPプレーオフ準決勝が行われ、関学は関大と対戦。0-5で大敗となった。
 強豪関大相手に第1ピリオド(P)から攻め続ける関学。粘り強い守備を見せ、1失点を許すも0-1の僅差で第2Pへ。攻撃の手を緩めない関学は一度、ゴールを奪うもホイッスル後だったため認められず無得点。最後まで関大を崩せず0-5で敗北し、準決勝敗退となった。
 次戦は関西大学高槻アイスアリーナにて3位決定戦が行われる。

試合後のコメント
打田航介主将(社4)「前回と同じ試合展開になってしまった。出だしはいい感じだったがその後がだめ。フォワードの得点力が問題。単独で終わって、しっかりリバウンドを叩けていない。まだ関同立に勝てていない。白星を挙げれるように次戦は切り替えて臨む」

このページの先頭へ