20160109%25E3%2580%2580%25E7%25B7%25A8%25E9%259B%2586%25E9%2583%25A8%25E3%2580%2580%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・ゲストのアーチェリー日本代表川中選手とともに笑顔を見せる部員たち>

 1月9日、読売新聞大阪本社にて第9回大学スポーツ新聞コンテストが行われた。関学はレイアウト部門で1位を獲得した。
 これまでは総合優勝を決めていたが、今回から審査基準が記事部門・写真部門・レイアウト部門に変更。体育会42部を掲載した第238号でエントリーした関学は、レイアウト部門で1位に輝いた。その後はアーチェリー日本代表川中香緒里選手のトークショーが行われ、会の後半には報知新聞社の社員にアドバイスをもらう場面も。編集部員は次号からの新聞製作に胸をふくらませた。

結果は以下の通り
記事部門1位 中大
写真部門1位 大体大
レイアウト 部門1位 関学

試合後のコメント
編集長中野椋(総2)「自信作の関学スポーツ238号でレイアウト賞を受賞することができ、素直にうれしい。また、今回は報知新聞社さんの方たちに技術的なアドバイスもいただき、関学スポーツにはまだまだ伸びしろがあると思った。今年1年も部員全員で関学体育会を伝えるために紙面作成に励み、来年も受賞できればと思う」

このページの先頭へ