ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク




―なぜバスケットボール部に入部したのですか?
 高校から一つ上のレベルである大学という舞台で活躍したいと思ったから。また同じ高校の尊敬する先輩ともう一度同じチームで戦いたかったからです。

―関学バスケットボール部の魅力とは?
 厳しい上下関係に縛られておらず仲がよいチームで、つながりが強いことが最大の魅力。また個々が自主性を持っていることも魅力です。

―今後の目標は?
 チームとしては関西制覇、インカレベスト8。個人としては関西No.1プレーヤー、また全国で注目されるプレーヤーになりたい。

―今までバスケットをやってきて1番よかったことは?
 たくさんの人に巡り合えたこと。その中で感謝すること、努力すること、人のことを考えること、礼儀などたくさんのことを学べたことです。

―自分自身の強みとは?
 人より負けず嫌いなところが強みであり、原動力となっています。

―部の一員としての自分の役割は?
 とにかく精一杯頑張り、その姿で周りの人も頑張れるような存在になること。また学年は関係なく覇気を持ってプレーすることです。

―新入生に一言
 新入生の皆さんご入学おめでとうございます。新たな生活は様々なことが起きるし、また自分から起こしていけると思います。その力を皆さんは持っていると思うので、自分のやりたいことにどんどんチャレンジして下さい。そして皆さんの周りにはいつも支えてくれる人がたくさんいます。そのことに感謝しながら大学生活を思いっきり楽しみましょう。

■髙橋伸太郎(たかはし・しんたろう)。商学部2年生。③H2・4・28。④大阪市立桜宮高校。⑤190㌢、85㌔。





企画トップへ