ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



―なぜ関学サッカー部に入りましたか?
 幼稚園から15年位続けてきたサッカーで、小中高とまだ大きな大会で優勝した経験がなかったので、大学では絶対に自分がピッチに立った状態で優勝したかったからです。

―サッカー部の魅力は何ですか?
 先輩を筆頭に皆が厳しくサッカーに取り組んでいるところと、サッカー以外のところでは皆仲が良く、ふざけあったりしているところです。

―今シーズンの目標(団体、個人両方)は?
 チームとしては日本一。個人としてはリーグに安定して出場して、結果を出すことです。

―今までやってきて1番良かったことは?
 地元開催の兵庫国体で3位になれたこと。

―自分のプレースタイル・得意なプレーは?
 GORI×2系、空中戦には自信があります。

―これからの課題
 もっと試合で走れるようになることです。

―新入生に一言
 シーズンオフはかなり走り込みますが、しんどいけどやり切ったら必ず自信になります!何もしないで、ただ何となく過ごすよりも絶対に充実した大学生活が送れると思うので、一緒に勝つ喜びを味わいましょう!

■山内一樹(やまうち・かずき)。社会学部2年生。1990.11.14。関西学院高等部。180㌢、72㌔。





企画トップへ