ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



―関学相撲部に入部したきっかけは?
 関学のアットホームな雰囲気に魅かれたからです。先輩たちも素晴らしい人が多くて、環境がとても良かったからです。

―関学相撲部の魅力は?
 みんな仲が良くて、同じ目標に全員一丸となって取り組んでいるところです。

―今後の目標は?
 チームとしては、西日本で1部昇格をすることです。個人では、昨年準優勝に終わった西日本体重別大会で優勝することです。そして、全国の体重別大会でベスト4以上になって入賞することです。

―相撲をつづけてきて一番良かったことは?
 いい仲間に出会えた事です。辛い練習も、仲間と一緒に助け合って乗り越えられたことです。

―レスリング部の助っ人は大変ですか?
 レスリングは相撲と違って、試合時間が長くて少し大変ですがおもしろいです。昔、相撲部もレスリング部さんから助っ人をたのんでいたのでお互いに助け合っている感じです。

―最後に新入生にメッセージをお願いします
 体育会の練習は辛いけれどたくさんの仲間ができます。目標を持って取り組めるので学生生活が充実します。

■長澤英樹(ながさわ・ひでき)。人間福祉学部2年。H2・12・10。柳学園高校。173㌢、100㌔。





企画トップへ