9月3日、岸和田市総合体育館にて関西学生柔道体重別団体優勝大会が行われた。昨年の同大会ベスト8によりシード権を得た関学は、初戦大体大を4―2で下しベスト8を決める。続く準々決勝・対近大戦、岡本将裕(文3)、飯島大貴(社1)、赤坂亨(文4)がそれぞれ勝利をもぎ取り3―3としたが、結果近大が内容勝ちし、ベスト4進出はならなかった。だがベスト8を果たした関学は、11月に行われる全日本大会出場権をつかんだ。

このページの先頭へ