2月11日、グリーンアリーナ神戸に於いて行われた兵庫柔道グランプリ。関学からは社会人と学生が出場する、兵庫県柔道選手権の部において4人が出場した。出場選手は主将・藤田武志(経3)、安江俊補(社3)、岩崎佑介(商2)、川島重栄(社1)。試合はトーナメント形式で行われ、関学勢は社会人を相手に奮闘するも3人が1回戦敗退。唯一2回戦まで駒を進めた主将・藤田も社会人に力の差を見せつけられ、敗北を喫した。
主将藤田


試合後のコメント
主将・藤田「力不足です。5月の試合で関西制覇するために、一人ひとりの意識をもっと高めていきます」

このページの先頭へ