11月2日、尼崎市記念公園総合体育館に於いて行われた平成21年度第11回全日本学生柔道体重別団体優勝大会。関学は初戦で東洋大、2回戦で東海大九州と対戦した。どちらも2勝2敗2分で大将戦に持ち込まれるが、主将・藤田武志(経4)はプレッシャーを跳ね返して見事勝利。ベスト16入りを果たし、明日の山梨学院大戦へとつなげた。

試合後のコメント
藤田「とりあえず勝てて良かった。試合の中で主将らしいところを見せることができた。団体戦としてはこの大会が最後。みんなで勝って、1試合でも多く勝つ」

このページの先頭へ