11月3日、尼崎市記念公園総合体育館に於いて行われた平成21年度第11回全日本学生柔道体重別団体優勝大会。3回戦、関学はベスト8進出をかけて山梨学院大と対戦した。昨年度インカレでベスト8入りを果たした強豪相手に奮闘するが、6敗1分で敗北。一瞬の隙をつかれて一本を取られるなど、底力を見せつけられた。

試合後のコメント
主将・藤田武志(経4)「先鋒の自分が勝たなきゃいけない場面だったのに引き分けてしまった。実力差はそうなく、負けたけれど良い部分も見えた。次に向けて、技術はもちろんウェイトを鍛えなければいけない」

このページの先頭へ