9月2日、天理大学において第31回関西学生柔道体重別選手権大会が行われ、71㌔級で塩野幸平(文2)が3位、81㌔級で松井鯛樹(商4)がベスト8、90㌔級で龍田匡史(経2)がベスト8でそれぞれ全日本インカレへの出場を決めた。

試合後のコメント
主将・井之上建政(社4)「昨年と比べ、全日本インカレ出場者がひとり増えたことはよかった。若い力が育ち、チームの雰囲気もよかった。個人戦ではあったが、全員で応援し、勝ち残った選手をサポートできたことが一番の収穫だ」

このページの先頭へ