5月25日、ベイコム総合体育館にて第64回関西学生柔道優勝大会が行われ、関学は45年ぶりの3位に輝いた。1回戦は関大に2―2の内容勝ち。全国大会の出場権を得て、勝ち進んだ。続く2回戦(準々決勝)は天理大に0―5で敗れたが、強豪相手に引き分けに持ち込むなど健闘を見せた。

試合後のコメント
主将龍田匡史(経4)「45年ぶりにベスト4に入ることができた。4年間この日のためにやってきたと言っても過言ではない、本当にうれしい。この勝利はこれからみんなの自信になっていくと思う」

140525judo.jpg

このページの先頭へ