151024%25E6%259F%2594%25E9%2581%2593%25E9%2583%25A8.JPG
<写真・一本でチームの勝利に貢献した石井>

 10月24日、兵庫県・ベイコム総合体育館にて平成27年度柔道体重別団体優勝大会(男子17回)1日目が行われ、関学は3回戦進出を決めた。関学にとって2年ぶりとなった今大会。1回戦は旭川大に6勝1分で難なく突破した。2回戦は駒大と格上の相手だったが、3勝1敗3分で激闘を制した。これで関学はあす9時30分より行われる3回戦に挑む。

試合後のコメント
主将新井孝昌(人4)「前回の個人戦では悔しい気持ちが残ったので、きょうは緊張せずに力を発揮できて良かった。支えて下さったOBの方へ恩返しがしたい一心で、みんなでつかんだ勝利だと思う。明日の相手はとても強いが、この1年で学んだことを全部ぶつけるつもりで臨みたい」
副将石井義隆(人4)「2年ぶりの試合でとても緊張していた。2回戦はとても強い相手だったが、研究の成果もあって勝つことができた。すごくうれしい。あすの相手は優勝候補の1つになると思うが、玉砕覚悟でやる。一泡吹かせたい」

このページの先頭へ