151025%E6%9F%94%E9%81%93%E9%83%A8.JPG
<写真・この1年チームをけん引してきた4年生>

 10月25日、兵庫県・ベイコム総合体育館にて平成27年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会(男子17回)2日目が行われた。関学は3回戦で国士舘大学と対戦し、0勝6敗1分で敗北。粘りの柔道を見せるも、国士舘大の実力に圧倒された。惜しくもベスト8入りを逃したが、7年ぶりとなるベスト16入りの快挙を成し遂げた。また、この大会で4年生は引退となった。

試合後のコメント
主将新井孝昌(人4)「きょうは優勝候補を相手に、自分達がどこまでやれるのかという楽しみの方が大きかった。4年生は引退だが、全国レベルに対して戦えたという事は、これからの部にとって自信になったと思う。後輩たちには、高い意識と目標を持ってさらに上を目指してもらいたい」

このページの先頭へ