10月8日、大阪府立体育会館に於いて行われた第50回全関西大学空手道選手権記念大会。男子は初戦、敗者復活戦ともに敗退し、2部降格となった。女子は初戦を不戦勝するも2回戦は敗れ、つづく敗者復活戦も敗北を喫した。しかし、男女ともに全日出場枠を決める戦いに勝利し、11月の全日本大会に挑む。

 

 50回目を迎えた、全関西大学空手道選手権記念大会。男子は初戦、天理大と対戦した。先鋒の川端三知夫(経1)は果敢に攻めるも敗退。しかし続く次鋒・福本寿典(社1)、中堅・西村拓也(商2)が巻き返しをはかり、連続で勝利する。勢いをつけた関学。副将・嵯峨根孝俊(商3)は上段突きで先に有効を取る。だが、その後天理大に連続で決められ惜しくも敗北。勝敗は大将戦へと持ち込まれた。天理大の大将は関学にすきを与えず、連続で突きを決める。関学の大将・中野斎史(社3)も健闘したが、天理大の圧勝に終わった。初戦は2-3という結果で惜しくも敗退。悔しさをにじませた。続く大産大との男子敗者復活戦。次鋒・西村は序盤から激しい戦いを見せ得点を重ねる。途中、左肩を負傷した西村。苦しい表情をみせるも、攻めの姿勢を崩さない。結果、6-2で見事勝利した。中堅・氏野一輝(社3)も6-4で勝利を収めたが、副将・川端、主将・嵯峨根は大産大相手に攻撃が決まらず、敗れてしまう。2-3で敗北を喫した関学。結果、2部降格となった。 

 女子は、初戦不戦勝となり2回戦へと駒を進める。しかし、佛教大相手に先鋒・戸津井愛子(社2)、中堅・加古真由子(社2)ともに敗北。大将戦では得点を決められず、佛大に0-3と2回戦で敗退となった。つづく阪南大との女子敗者復活戦。先鋒・戸津井、中堅・加古は攻めの試合を見せるが一歩及ばず。大将・小林千恵美(社1)は接戦の末5-4で勝利を収めたが、結果1-2で敗北に終わった。

 しかし、男女ともに全日本大会への出場枠を決める戦いに出場。代表一名の戦いにより、全日出場が決定する。女子は神大戦に加古が出場。終盤に連続で得点を重ね、見事5-2で勝利し団体での全日出場を決めた。男子は阪大戦に西村が出場。彼は左肩を痛めており苦しい試合となったが、守りに入らず攻めの攻撃をみせ3-2で勝利。痛みに耐えながらもチームのために戦う姿は、チームに活気を与えた。

 男女ともに全日出場を決めた関学空手道部。課題の残る試合となったが、全日での活躍に期待したい。

試合後のコメント
主将・嵯峨根「試合内容はよかったと思うが、勝つことができなかった。結果、2部降格となったのは悔しい。今のメンバーで次は2部優勝を狙う。全日に向けて気を引き締めていきたい」

このページの先頭へ