4月13日、大阪市中央体育館に於いて行われた第35回大阪市空手道選手権大会。関学空手道部からは7人が出場し、そのうち2人がベスト8まで上りつめた。

力強い形を披露する中塚 関学から6人の選手が出場した今大会。形では、成年女子有段の部において中塚由佳理(法4)が力強い形を披露し、見事にベスト8に輝いた。また組手では、成年女子有段の部に出場した土津井愛子(社3)が接戦ながらも1回戦で勝利を収めた。2回戦では得点を得ることができず敗退してしまうも、ベスト16入りを果たす。一方、成年男子有段の部軽量級では、2年生の鈴木一暢(商2)が健闘をみせベスト8に上りつめた。その他の選手も多いに力を発揮し、今後の活躍に目が離せない。

このページの先頭へ