10月12日、大阪商業大学総合体育館に於いて行われた第52回全関西大学空手道選手権大会。関学は男女ともに団体組手と団体形に出場した。組手では男子が1回戦で敗退、女子も2回戦で天理大に負けを喫した。一方の形では、男子が予選敗退。女子は天理大との一騎打ちで4ー1の判定勝ちを決め、加古(社4)、土津井(社4)、森岡(商1)の3名が見事関西制覇を成し遂げた。来月には全日本選手権を控えており、次戦への課題が見えた大会となった。

試合後のコメント
主将・西村拓也(商4)「男子の組手は初戦で昨年の準優勝校である大商大と当たって負けたけど、課題は見えたので全日ではリベンジできるようにこれから取り組んでいきます。全日では女子の組手は出場できないけど、男子はベスト8以上、でもやるからには優勝目指して頑張ります」
加古「関西制覇は一番狙いにいってたので、絶対圧勝したいと思っていました。だから4ー1の結果には納得していません。男女ともに一番練習している自信があるし、さらに磨きをかけて全日では全国制覇を狙います」

このページの先頭へ