2月18日、関西学院初等部に於いて学内の児童を対象に、空手道のスポーツ教室が開かれた。児童たちは、部員による力強い蹴りや形の披露に感嘆の声を上げ、裸足になって笑顔いっぱい積極的に取り組んだ。

教室後のコメント
主将・福本寿典(社3)「子どもたちの方から来てくれて、とても楽しかった。ぜひまた来たいです」
主務・日野奈津子(文3)「思っていた以上に楽しんでもらえて良かったです。空手をやったことのない子たちに知ってもらえて嬉しいです」

このページの先頭へ