6月19日、関西大学凱風館に於いて第33回総合関関戦が行われた。関学は女子は0-3で敗北するが、男子は3-3で引き分けた。総合で敗北喫したがこれからにつながる試合となった。

 格上の相手に挑んだ女子部員たちだったが、先鋒の小林千恵美(社4)が一本も取れずに敗れ、先鋒戦を落とす。続く次鋒、三鋒も相手から一本も奪えなかった。結果は0勝3敗となったが、相手に攻められながらも彼女たちは最後まで戦い抜いた。試合は関大にリードを許したまま男子へと進んでいった。
 このまま関大ペースとなるかと思われたが、四鋒の山野晃裕(社3)がそれまでの流れを変える。序盤に中段蹴りを決め、その後も上段突きを繰り出し攻めていく。そして6-1で勝利した。そのまま流れに乗りたかった関学だが、続く大脇聡史(社2)が残り時間わずかで相手に上段突きを決められ、接戦を落としてしまう。さらに次の六鋒も負け、その瞬間、関学の敗北が決まった。そんな中、戦うことになった主将・福本寿典(社4)。福本は勝敗が決まっていることを感じさせない積極的な攻めを見せ、見事5-3で勝利を収めた。だが八鋒は0-1で負け、ここまで2勝6敗と関大に大きく差をつけられた関学。しかし大将・趙台鎬(商3)が関学空手道部の意地を見せる。趙は相手から始めに突きを決められるが、すぐに反撃する。そして後半は相手にすきを与えず、4-2で勝利する。この勝ちを含め、男子は3勝3敗となり引き分けた。
 総合結果は3勝6敗で、関学の敗北。だが、男子は負けた試合も接戦が多い。これは今後の試合に向けての収穫となった。彼らはこれからも練習を続けていく。空手道部の今後の試合に期待だ。

このページの先頭へ