11月20日、大阪市中央体育館において第55回全日本大学空手道選手権大会が行われ、関学男子団体組手の部はベスト16だった。男子団体組手は1、2回戦で圧勝するも、3回戦で日大に1-3で敗れ、準々決勝進出はならなかった。女子団体形は21.4点で7校中6位となり予選で敗退した。

試合後のコメント
主将・趙台鎬(商4)「1回戦の東洋大は関東3位の強豪で、まずその試合に集中していた。全日本ベスト4を目標としてしっかり追い込んだからこそ5-0で勝つことができたと思う。3回戦も全員が次につなごうという意識で戦うことができた。後輩たちには全員でチームを盛り上げて頑張ってほしい」

このページの先頭へ