5月20日、近畿大学記念体育館において第50回西日本大学空手道選手権大会(団体組手)が行われ、関学は男女ともにベスト16で京産大に敗れた。男子(5人一組)は1回戦シードで迎えた2回戦で大体大を圧倒し3-0で勝ち進んだが、3回戦で強豪・京産大に苦戦をしいられ0-3で敗れた。女子(3人一組)も1回戦は岡山大を3-0で退けたが、2回戦で京産大に0-2で敗北した。

試合後のコメント
主将・大脇聡史(社4)「京産大はスピードがあり、また勝利への執念が自分たちより上回っていたと思う。大体大戦は大勝していい流れで3回戦に臨めたが、相手の方がうまかった。次の関西インカレではべスト4以上になんとしても入りたいと思う。もしまた京産大と対戦したら次は勝ちたい」

このページの先頭へ