4月29日、兵庫県立総合体育館にて第47回関西学生空手道個人選手権大会が行われ、男子組手競技67㌔未満級に出場した松浦亮平(経2)が、組手において第8回大会以来2度目となる決勝進出を果たし、準優勝の快挙を成し遂げた。

試合後のコメント
主将・中嶋将貴(社4)「実力を発揮できた選手もいればできなかった選手もいる。関学は関西でも知名度が低いが、松浦の準優勝で少しでも関学の名を知ってもらえたかなと思う。6月の西日本大会では団体で勝利し、もっと知名度を上げられるよう頑張りたい」
松浦亮平「まさかここまで勝ち上がれるとは思っていなかった。昨年1年間は結果がついてこず悔しい思いをしてきたので、今日成績を残せてよかった。優勝したかったが、まだ遠い。これからもっと厳しく練習し、次に臨みたい」

【関学勢の結果】
・男子組手競技
松浦亮平 67㌔未満級 準優勝
岩原大樹(商4) 60㌔未満級 ベスト8
・女子組手競技
竹本里穂(人3) 50㌔未満級 第3位
北田佳麗(社1) 55㌔未満級 第3位


130429karate.jpg

このページの先頭へ