11月16日、東京都日本武道館にて、第58回全日本大学空手道選手権大会が行われた。
 女子団体組手の部では、全国の強豪校である日大や、宿敵・天理大を倒し、創部初の全国3位という偉業を達成。惜しくも準決勝では敗れたが、主将竹本(人4)は最高の笑顔を見せた。
 また、男子団体形は予選敗退、男子団体組手は2回戦敗退となるも、来年への期待を感じさせた。

試合後のコメント
主将竹本里穂「主将をやっていて、結果が出ず考えがぶれそうになった時もあった。過程は全然だめだったが、最後は100点満点。これからは全国3位として追われる立場になるが、まだまだ上を目指して欲しい」

このページの先頭へ