150531%E7%A9%BA%E6%89%8B.JPG
<写真・準々決勝、近大工学部に10ー3で勝利した寺川(経2)>

 5月31日、近畿大学記念体育館にて第53回西日本大学空手道選手権大会が行われた。男子は昨年関学が敗北を喫した近大工学部と準々決勝で対戦し、2-3で敗れた。女子は準々決勝で強豪近大に2-0のストレート負けとなった。男女ともに準々決勝で敗れ、今年度初の団体戦はベスト8で幕を下ろした。

試合後のコメント
主将松浦亮平(経4)「昨年と同じ近大工学部に敗れたが、今年の方がより惜しい内容だった。足腰が弱いのが課題。全関西に向けて基本をしっかりやり直す」

このページの先頭へ