20160429%E7%A9%BA%E6%89%8B%E9%81%93%E9%83%A8.jpg
<写真・2年連続で男子形競技3位入賞を果たした清水>

 4月29 日、兵庫県立総合体育館にて第50回関西学生空手道個人選手権大会が行われた。組手競技では前野晃摂(人3)と松井友里華(社3)が8強入りを果たした。形競技では清水孝羅(法3)が2年連続3位入賞。また、佐伯志帆(社2)もベスト8入りを決めた。今シーズン初試合で、若手選手を中心に4人の選手が入賞し好スタート。5月に行われる西日本選手権大会に弾みをつけた。

試合後のコメント
主将寺脇遼(教4)「入賞者は昨年に比べ減ったが、個々で改善点はつかめたと思う。次の西日本選手権大会では、今回の改善点を中心に練習し、全員がより良い結果を出せるようにしたい」

このページの先頭へ