161120%E7%A9%BA%E6%89%8B%E9%83%A8.JPG

<写真・今大会で引退を迎えた4年生>
 
 11月20日、東京都日本武道館にて、第60回全日本大学空手道選手権大会2日目が行われた。関学からは3回戦に組手女子団体が出場。3回戦の中京大戦は1-1で追い込まれるも、大将松井(社3)が残り2秒で試合を決め、見事に逆転勝利。ベスト8をかけた同大との4回戦はストレート負けを喫したものの、ベスト16で全日本を締めくくった。
 また、今大会で4年生全員が引退となった。

試合後のコメント
3回戦で試合を決めた松井友里華「負けてしまったけど、チーム力は上がっていると感じた。3回戦は1-1の場面で回ってきて、気負いはあったけど勝って終わりたかったので、勝てて良かった。来年も同じメンバーで挑むことになるので、全員がもっとレベルアップして来年は最低でもベスト8に入れるようにしたい」

このページの先頭へ