20170702%E7%A9%BA%E6%89%8B%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・2回戦敗退となった前野>

 7月2日、大阪府舞洲アリーナにて第61回全日本学生空手道選手権大会が行われた。関学からは男子形競技に、清水孝羅(法4)、碓井佑亮(文4)、佐藤優輝 (文1)の3名が出場したが、予選敗退。また、女子組手競技では、松井友里華(社4)、中井穂香(人3)が1回戦敗退に終わり、男子組手競技に出場した前野晃摂(人4)も2回戦敗退となった。
 次戦は10月1日に大阪商業大学にて第60回全関西学生大学空手道選手権大会が行われる。

試合後のコメント

前野晃摂主将「全然だめだった。試合に出場する人としない人の間に気持ちのズレがあった。試合に出なくても、自分のやるべき仕事を見つけ全力で取り組むチームになれたらもっと勢いも出てくると思う」

このページの先頭へ