171126%20%E5%89%A3%E9%81%93%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・9年ぶり3位に輝いた団体メンバー>

 11月26日、近畿大学記念会館にて第30回関西学生剣道新人大会が行われた。関学は2回戦から出場。2回戦から準々決勝と負けなしで勝ち進んだ。迎えた準決勝の相手は前年度優勝校の立命大との対戦となり、苦戦を強いられる展開に。一矢報いたかったが、2敗3分と勝利を挙げることができず敗北。しかし、9年ぶり3位入賞となった。

試合結果
2回戦 対大産大
上野(文1) 1本勝ち
吉野(経1) 引き分け
松井(文2) 1本勝ち
富松(法2) 2本勝ち
中塚(社2) 2本勝ち

3回戦 対大経大
上野 引き分け
吉野 2本勝ち
松井 2本勝ち
富松 2本勝ち
中塚 2本勝ち

準々決勝 対和歌山大
上野 1本勝ち
吉野 1本勝ち
松井 2本勝ち
富松 1本勝ち
中塚 1本勝ち

準決勝 対立命大
上野 1本負け
吉野 引き分け
松井 1本負け
富松 引き分け
中塚 引き分け

試合後のコメント
今大会チームをまとめた富松智郎「チームの雰囲気はよかった。特に先鋒次鋒が1年生だったので、自分たち2年生は声を掛け合うことを意識していたと思う。試合もしっかり前(のポジションの選手)が思い切ってやってくれたので先制して勝てた。メンバーでも試合に出れなかった猪瀬(商2)や安武(経2)は自分の準備をしながらもチームのために裏で動いてくれたので雰囲気も良かったし、そこは監督に褒められた所。ここにいるメンバーが各学年の主要になってくるので、声を掛けて盛り上げていきたい」

このページの先頭へ