4月20日に行われた西日本学生選手権(於・大阪府立体育会館)。関学は準決勝には敗れたが、3位決定戦を制し、入賞を果たした。

 4月20日に西日本学生選手権(於・大阪府立体育会館)が行われた。関学はトーナメントを勝ち進み、準決勝に駒を進める。3回戦の強豪龍大との接戦の疲れもあってか、対戦相手の大商大学に敗れてしまう。結果に会場もどよめいた。

 続く3位決定戦は大院大との対戦。序盤は接戦だったが、相手の中堅に5人抜きを許してしまい、試合は大将の林に委ねられた。終始ペースを握り、相手の攻撃に合わせて突きを決めて行く。一人、二人と倒していき、4人目には大将戦となった。左右の突きで一本、甘い踏み込みに対し胴に膝を入れて二本。気迫の4人抜きで試合を制し、関学が3位入賞をきめた。

 尚、今大会で桜井希望(経1)が技術賞を受賞した。これからの活躍が楽しみな新人だ。

試合後のコメント
主将・林竜太(商3)「龍大戦で完全燃焼してしまった。これが準決勝で負けてしまった原因。今日のことを次につなぎたいと思う」
技術賞、桜井希望「うれしいです。自分の役割を全力でこなすだけでした。これから更に技術を活かしていけたらと思います」

このページの先頭へ