4月17日、第15回西日本学生拳法選手権大会が大阪府立体育会館に於いて行われた。今大会は7人の団体戦で争われ、予選トーナメントで上位4校を決定し、その4校で決勝リーグ戦が行われる。関学は予選トーナメントを順調に勝ち進み、決勝リーグ戦へ。第1試合(対大商大)は両校譲らず、大将戦までもつれ込み、惜しくも敗北。続く第2試合(対関大)、第3試合(対立命大)ともに白熱した戦いが繰り広げられ、大将戦で相手を下し勝利を手にした。決勝リーグ戦2勝1敗となり、関学は準優勝となった。

試合後のコメント
主将・櫻井希望(経4)「優勝できたと思うので、満足はしてないです。でも全員が役目をこなし、頑張ったからついてきた結果なので良かったです」

このページの先頭へ