10月30日、名古屋市枇杷島スポーツセンターに於いて第27回全日本学生拳法個人選手権大会が行われた。関学からは男子の部に4人の選手が出場。その内、藤村がベスト16入りを果たした。

試合後のコメント
主将・櫻井希望(経4)「余裕を見せずに、もっと攻めたら良かった。しかし今回の敗北から、攻める拳法が大事だと改めて認識できた。個人戦は最後なので優勝できなくて残念だが、11月の団体では優勝目指して頑張りたい」

ベスト16入りを果たした藤村彰(商2)「調子は良い方ではなかったが、できるならもう少し勝ちたかった。次は団体戦があるので、優勝したい」

このページの先頭へ