6月2日、早稲田大学記念会堂において第26回全国大学選抜選手権大会が行われ、関学は3回戦敗退、ベスト8と悔しい結果に終わった。 1回戦、2回戦と難なく勝ち進んだ関学。しかし迎えた関東王者・明大との3回戦、接戦を制しきれず2ー3で惜敗を喫した。目標としていた全国制覇達成はならなかった。

試合後のコメント
主将・藤村彰(商4)「相手は強かったが、それでも勝たなければいけない試合だった。負けはしたが、絶対に反省したままで終わらずこの敗戦を生かしていきたい。12月にも全国大会があるので、今度こそ全員で優勝をつかみたい」

このページの先頭へ