6月15日、関学総合体育館小フロアにおいて第36回総合関関戦が行われ、関学は2勝9敗4分で関大に大敗を喫した。
 前哨戦が5人制、本戦が15人制で行われた今大会。前哨戦で0勝5敗と圧倒されると、その流れを断ち切れず本戦でも完敗。今春の西日本大会では関大に逆転勝利し優勝を果たした関学だが、西日本王者の意地を見せることはできなかった。

試合後のコメント
主将・藤村彰(商4)「勝つ自信はあったが、油断もあったと思う。関大には勝たないといけなかった。この反省を必ず次に生かしたい」


36kkgamekenpo.jpg

このページの先頭へ