11月24日、ボディーメーカーコロシアムにて第58回全日本学生拳法選手権大会が行われ、関学は準決勝で同大に大将戦の末2勝3敗2分で敗れるも、3位決定戦で関大に5勝2敗で勝利し全国3位に輝いた。また、谷和希(商2)が技能賞を受賞した。今試合で4年生は引退する。

試合後のコメント
主将・藤村彰(商4)「優勝しか狙っていなかったので残念。日本一のチームのキャプテンになれなくて悔しいが、今後もチームの輪を大事にして優勝を狙えるチームになってほしい」
準決勝で大将として出場した川西悠太(商3)「準決勝では自分がチームの足を引っ張ってしまって本当に悔しい。主将になるということもあり、部を盛り上げるためにも勝てるところでしっかり勝ちたかった

このページの先頭へ