160703%E6%8B%B3%E6%B3%95%E9%83%A8.JPG

<写真・代表戦で2本先取され、立ち尽くす宇山主将>

 7月3日、日本大学文理学部百周年記念館にて日本拳法第29回全国大学選抜選手権が行われた。関学は12年ぶりに同大会で3位となった。
 今大会は5人制対試合形式で行われ、準決勝まで全員が黒星なしで勝ち進んだ。準決勝では昨年準優勝校の明大と対戦。本戦では勝敗がつかず、代表者決定戦にもつれ込む接戦が繰り広げられた。関学の代表者・宇山(商4)主将が惜しくも敗れ、関学は3位決定戦へ。気持ちを切り替え、大体大にストレート勝ちを収め、3位を勝ち取った。
 今大会の成績は以下の通り。

1回戦 対専修大
先鋒 上村(社3)☆2ー1
次鋒 渡邉(文4)☆2ー1
中堅 梅田(法3)☆2ー0
副将 豊岡(経4)☆2ー0
大将 宇山 ☆2ー0
5勝

2回戦 対中央大
不戦勝

3回戦 対桃学大
先鋒 杉本(人4)☆2ー0
次鋒 豊岡 引き分け
中堅 甲斐(商3)☆2ー0
副将 上村 ☆2ー0
大将 宇山 ☆2ー0
4勝1分

準々決勝 対四天王寺大
先鋒 杉本 ☆2ー1
次鋒 豊岡 引き分け
中堅 上村 ☆2ー0
副将 甲斐 ☆1ー0
大将 宇山 ☆2ー0
4勝1分

準決勝 対明大
先鋒 上村 引き分け
次鋒 豊岡 ★0ー1
中堅 杉本 ★1ー2
副将 甲斐 ☆2ー1
大将 宇山 ☆2ー1
2勝2敗1分
代表戦
宇山 ★1ー2

3位決定戦 対大体大
先鋒 梅田 ☆1ー0
次鋒 杉本 ☆2ー0
中堅 上村 ☆2ー0
副将 豊岡 ☆2ー0
大将 宇山 ☆1ー0
5勝

試合後のコメント
主将宇山亮太「僅差だったが、負けは負け。大会序盤は調子が悪く、心の面での成長も必要だと感じた。明治はずっとライバル視してきた相手で、絶対に勝たないといけないという思いで体が動いたと思う。次の団体戦は11月になるが、主将として今までやってきたことを出して、絶対に全国制覇を果たしたい」
明大戦で貴重な白星を挙げた甲斐隆雅「明大戦で自分が負けたら終わりという状況で回ってきて、プレッシャーはすごかったけど技術というよりも気持ちで勝てたと思う。押さえ込まれた時は自分との戦いだった。『諦めてどうするねん』と自分に言い聞かせて相手を離さなかった。結果は惜しかったが、明大の方がランクは上。11月の大会ではさらにレベルアップしてるはずだから、まだまだ課題を潰していかないといけない」

このページの先頭へ