ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク


 6月26日、関西学院初等部に於いて硬式野球のスポーツ教室が行われました。
この日はあいにくの雨・・・そのため初等部の体育館で行われました。


まずは野球についての簡単な説明を行い、けがをしないように準備体操をしました。
次にグループに分かれてゴロを捕球して投げたり、フライの捕球の練習などを行いました。
みんな元気に声を出し、楽しそうに練習していました。



その後は体育館を大きく使い、遠投をしたりしました。
小休憩を挟んだ後に、次はバットを使い打撃練習。
打つ人、守る人に分かれて本番さながらの練習に、子ども達はとても白熱していました。



いっぱい動き回った後は、大学生によるデモンストレーション。
華麗なピッチングとバッティングを披露しました。
硬球を使った投球練習に、子どもたちは大興奮!
さまざまな球種のリクエストが飛び交い、選手たちも笑顔でそれに応えていました。



最後は全員が集合し、硬式野球部の皆さんからプレゼントが渡されて授業は終了しました。
授業後には子ども達にサインを求められている部員の姿もありました。




皆さんお疲れ様でした☆








教室後のコメント
黒木龍作(経3)
「約一カ月ほど前から準備をしてきたが、本番は小学生のエネルギッシュさに圧倒された。
野球の素晴らしさを伝えきることができたと思う。
去年からこのスポーツ教室が始まり、今年も行うことができたので、
来年、再来年と続けることができたら大成功だと思います」



(企画:編集部 製作:金子奈央/藤原知早)