10月9日、立命館大学弓道場に於いて平成23年度関西学生弓道リーグ戦第4節(対立命大)が行われた。ここまで3勝の関学は関西6連覇中の強豪・立命大と対戦。勝負は最終5立目までもつれ込むが関学が粘り勝ち、131中ー124中で勝利。見事、7年振りの王座出場を決めた。

試合後のコメント
主将・笹原雄太(社4)「今日はいつも以上に一つになれた。立命大は6連覇中だったので勝てて良かった。王座では優勝を目指していきたい」
19中の活躍を見せた下平信哉(人3)「王座出場がかかっていたので緊張はあったが1本当てたら楽になった。自分の中では的中数がまだまだ足りないので1ヶ月間しっかり練習して日本一を狙っていきたい」

このページの先頭へ