6月3日、関学弓道場において第35回総合関関戦前哨戦2日目・男子の部が行われ、関学は128-106(全160射)で関大に勝利した。前日の新人の部と女子の部で関関戦4連勝を決めていた関学は男子の部でも関大を破り、3年連続で完全勝利を収めた。

試合後のコメント
後立で大前を務めた主将・下平信哉(人4)「前日に関関戦勝利は決まっていたが、全勝で終えようという気持ちで挑んだ。途中で少し集中力が欠けてしまったことが課題だと思う。的中数も140くらいまではいきたかった。目標である日本一に向けて、当たり外れにとらわれず、自分たちの弓道をしっかりやっていきたい」

このページの先頭へ