8月16日、第60回全日本学生弓道選手権大会が愛知県日本ガイシスポーツプラザガイシホールで行われ、女子個人戦で内山幸香(人2)が4位入賞を果たした。一方、男子個人戦決勝一手で鈴木祐希(人4)が二射二中で通過するも、尺二射詰の2本目で失敗し、敗退となった。

試合後のコメント
主将・下平信哉(人4)「(団体戦は)チームとしていい雰囲気で練習ができていたのだか、本番では気持ちが先走りすぎてしまい、予選で敗退となってしまった。(リーグ戦について)今年も王座出場を目指している。この名古屋遠征で慶大、早大、明大との定期戦があるのだが、この定期戦をリーグ戦で生かしたい」
女子個人で4位入賞を果たした内山幸香「自分のできることをしようと思いながら戦った。緊張したし不安だったが、結果ばかり求めても仕方ないと思うようにした。リーグ戦が始まるが、先輩に選手として使ってもらえるようになりたい」

このページの先頭へ