6月2日、関学弓道場にて第36回総合関関戦前哨戦2日目が行われ、関学は男子の部で125-99(160射中)で勝利し、総合成績2勝1敗で関関戦白星となった。1立目から25ー17(32射中)と大きくリードした関学。2立目の後立では16射中15射を的中させるなど、その後も圧倒し続け勝利を飾った。総合関関戦で関学は2009年以来負けなしの5連勝。通算成績は14勝18敗2分となった。

試合後のコメント
主将・北野裕士(経4)「総合関関戦で関学の体育会の1勝に貢献できてうれしい。ただ前回の関西インカレ同様、練習どおりにはできているが練習からより高いレベルを目指すことができていればもっと的中数も伸びたと思う。今後、下級生の底上げ、何事にも動じないメンタル作りを意識し絶対に日本一を取る」

36kkgamearrow.jpg

このページの先頭へ