8月21日、東京都日本武道館にて第61回全日本学生弓道選手権大会女子団体予選、男女決勝トーナメント(1~3回戦)が行われ、女子は2回戦敗退、男子は準決勝に進出した。女子は予選通過を果たし、シード権も獲得。しかし決勝トーナメント2回戦では東北福祉大に7-8(12射中)で敗北し、団体では今大会2回戦敗退となった。一方の男子は3回戦で広島修道大と対戦。15ー15(同中競射8-6)で相手を破り、準決勝進出を決めた。なおこの大会は22日まで行われる。

試合後のコメント
主将・池龍太郎(経3)「5人中3人が1年生であったが、その3人が初めての大舞台だったにもかかわらず予選から皆中してくれたので信頼して見ていられた。試合に出てないメンバーも大きな声で応援していて、チーム一丸となれていたと思う。明日はまた1から気持ちを入れ替えて優勝を狙う」
女責・加藤美緒(文3)「実力があっても持っている4本を詰め切ることができなかった。メンタル、射の正確さが足りていなかったと思う。リーグ戦でもう1度このメンバーで戦って、力をより確実なものにして来年全日でリベンジしたい」

このページの先頭へ