6月7日、関西大学弓道場にて第37回総合関関戦前哨戦が行われた。新人の部では、落・松瀬(経3)が全射皆中をするも、52ー53(72射中)のわずか1中差で敗北した。また女子の部でも思うような的中率が出せず、52ー60(80射中)で敗れた。明日は男子の部が行われるが、全3戦中2敗を喫した関学は総合関関戦6年ぶりの敗北が決定した。

試合後のコメント
女責加藤美緒(文4)「チームとして臨む試合はあまりないので、勝ちたかった。勝ちたい気持ち、的中への意欲を出したときに、精神力や身体が安定していない。堂々と弓を引いて、凛とした姿で次の試合には挑みたい」

このページの先頭へ