20140814%E5%BC%93%E9%81%93%E9%83%A8.jpg
<写真・女子団体戦で大落を務めた加藤>

 8月14日、グリーンアリーナ神戸にて第62回全日本学生弓道選手権大会が行われ、女子は団体3位に輝いた。準決勝で法大に9ー9(同中競射2ー3)で、わずかな差で敗北した関学。3位決定戦でも筑波大に9ー9と、同中競射までもつれ込む。しかし6ー4(6射中)で勝利し、団体戦3位入賞を果たした。
 男子個人では小坂(人3)が7位に入賞した。八寸射詰の3本目ではずし、7~10位決定戦に参戦。遠近競射で見事的中させ、7位の座を獲得した。

試合後のコメント
女責加藤美緒(文4)「準決勝では悔いが残る試合となってしまった。だが3位決定戦では気持ちを切り替えて、力を見せられた。今大会の悔しさを次に生かしたい」
7位に入賞した小坂嘉誉「今日はとにかく楽しもうと思っていた。昨年は八寸射詰までに外してしまったので、それよりも成長できるように頑張った。主将池(経4)さんに『全国大会の雰囲気を楽しんでこい』と言われ、安心して引くことができた。秋リーグでは関学の柱になって、チームを引っ張りたい」

140814kyudo.jpg

このページの先頭へ