DSC_0024a.jpg
<写真・初戦に勝利し全員で喜ぶ弓道部男子>

 9月14日関学弓道場にて、平成26年度関西学生弓道リーグ第1戦が行われ、関学は天理大に135中対118中(全160射中)で勝利。次戦9月21日に行われる京大戦に弾みをつけた。

試合後のコメント
後立の落を務めた主将池龍太郎(経4)「引退がかかったリーグ戦の初戦とあってとても緊張した。しかし終わってみれば135中と悪くない滑り出しができた。後立ちの的中率がイマイチの中この数字が出たのは良く、まだまだ伸びる。135中をベースに、一戦一戦ステップアップして立命大に勝ち、下級生を王座に連れていってあげたい」
全射皆中した南瑛(教2)「昨年とは違う緊張感で弓が引けた。今年こそ4年生を絶対に勝たせてあげたいと思った。今日の20本を次戦に繋げていきたい」

このページの先頭へ