%E5%BC%93%E9%81%93%E9%83%A820150920%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E6%88%A6%E5%AF%BE%E8%BF%91%E5%A4%A7%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8%20%281%29.JPG
<写真・5立目へと向かう山坂(右)>

 9月20日、近畿大学弓道場にて平成27年度関西学生弓道リーグ戦初戦が行われた。関学は近大と対戦し、109中-128中(全160射)で敗北した。
 1立目から7中の差をつけられると、その差を徐々に離された。5立目で追い上げを見せるも、近大の勢いを止めることができず、男子リーグ初戦は黒星となった。
 第2節(対関大)は9月27日、関西学院大学弓道場にて行われる。


試合後のコメント
主将横井稜(法4)「明らかに練習と本番で、ぬいた時の焦りが違った。残り3戦、チャレンジャーの気持ちを大事にして、一致団結し、頑張りたい」
後立・落を務めた山坂嘉誉(人4)「結果的には普段ありえないような的中数になってしまった。だが個人的には20本を全て引ききれた。次戦はホームで引きなれた道場。皆中を目指す」

このページの先頭へ