160911%E5%BC%93%E9%81%93%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg<写真・落を務め18中を出した東田>
 
 9月11日、関西学院大学弓道場にて平成28年度女子関西学生弓道リーグ戦(2部A)第1戦が行われた。関学は大市大と対戦し、65-48(全80本)で勝利した。
 初立で落前の岡田真(社1)が4本を外し、好調とは言えない発進となったが、2立目では皆中。その後も的中を伸ばし続け一度も大市大にリードを許すことなくリーグ初戦を白星で飾った。
 次戦は9月25日、関西学院大学にて京橘大と対戦する。

[試合詳細]
石川 (国2) 〇✕〇〇|〇〇〇〇|✕〇〇✕|〇✕〇〇|〇〇〇〇=16中
岡田那(商1) 〇〇✕〇|〇〇〇〇|✕〇〇〇|〇〇✕〇|〇〇✕〇=16中
岡田真(社1) ✕✕✕✕|〇〇〇〇|〇〇〇〇|〇✕〇〇|〇〇〇〇=15中
東田 (商3) 〇〇〇〇|〇〇〇✕|〇〇〇✕|〇〇〇〇|〇〇〇〇=18中

試合後のコメント
女子責任者水山恵(国4)「選手たちは緊張していたと思うけど、ホーム戦だったこともあり心に余裕を持って引けていたと思う。次戦は2週間後になるが、来週には近大(1部校)との練習試合があるため、そこでいい刺激を受けた上でリーグ2戦目に臨んでほしい」
落を務め18中を出した東田悠衣(商3)「とにかく緊張した。結果は18中(全20本)でも、外した2本が悪かった。まだまだ今のままではダメだと思う。次戦戦う京橘大は2年前のリーグ戦で負けた相手。その悔しさを晴らすためにも、落として自分が引っ張っていく気持ちを持って頑張りたい」

このページの先頭へ